« E-street bagels (イーストリートベーグルズ) | メイン | The Bagels ふじもと (ベーグル ふじもと) »

2006年11月20日

基本のベーグルレシピ

planebagel.jpgここではまず、基本のベーグルである、プレーンベーグルの作り方を紹介します。比較的ソフトな仕上がりのベーグルですが、とても作りやすいものだと思います。この分量を基にして、様々なアレンジベーグルを作っています。



◆材料 (5個分)
・強力粉 200g。
・薄力粉 50g。
・ドライイースト 小さじ1と1/2。
・砂糖 大さじ2。
・荒塩 小さじ2/3。
・サラダ油 大さじ1。
・ぬるま湯 150cc。


◆作り方
1) 強力粉と薄力粉をあわせてふるう。
2) 1の半量にドライイースト、砂糖、塩、ぬるま湯を加えてペースト状になるまでヘラで練る。
 だまがなくなったらサラダ油も加える。
3) 2に残りの粉を入れて全体に水分が行き渡るまでヘラで混ぜる。多少粉っぽくてもOK。
4) 台の上に取り出して滑らかになるまでこねる。
 ベーグルの場合、普通のパンと違って台にたたきつけたりせず、“の”の字を書く感じで台にこすりつけながらこねればよい。
 約10分くらいこねて生地の表面が滑らかになってきたら、生地を下に巻き込むようにしてまとめ、ボール状にする。
5) 強力粉(分量外)を軽くふったボウルに4の生地の巻き終わりを下にしていれ、ラップをして40~50分発酵させる。
 オーブンの発酵機能を使えばOK。
 なければ、熱湯を入れたボウルをクーラーボックスに入れるなどして約30~40度にした場所で発酵させる。(1次発酵)
6) 1次発酵が終わった生地を取り出し、5等分する。
 お餅を丸めるような感じで、生地の表面を下へ引っ張るような感じで球状に丸め、綴じ目をしっかりつまむ。
 丸め終わったら、綴じ目を下にして置き、ぬれぶきんをかぶせて10分間生地を休ませる。(ベンチタイム)
7) 麺棒などで生地をガス抜きし、中央に織り込むようにしてまとめて再び丸めなおす。
 6と同じ要領で再び5分くらい生地を休ませる。

bagel_hole1.jpg bagel_hole2.jpg


8) 生地の真ん中に人差し指を差し込んで穴を開け、両手の人差し指を使いながら穴を押し広げる。
 後でかなり膨らむので、大き目の穴にしておくこと。
 また、輪の幅が偏らないよう、生地が同じ厚さになるように手で直接調節してよい。
 こうして整形した生地を室温で20~30分、2次発酵させる。
 また、その間にオーブンを210度に温めておく。
9) 2次発酵が終わった生地を熱湯に入れて約10秒、ひっくり返して更に約10秒。
 こうして軽くゆでた生地を水切りしてクッキングシートを敷いた天板に並べる。
 210度に温めておいたオーブンで15~18分くらい焼き、表面がきれいなきつね色になり、
 底面にも軽く色がついたら出来上がり!


投稿者 はるまき : 2006年11月20日 22:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.prevention.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2